2014年07月06日

6月26日永眠

うちの子にするつもりだったエリザベスちゃんが
逝ってしまいました。

7月13日にワクチンを接種し、
1週間後に具合が悪そうなことに気付いて病院へ行くと、
白血球が600しかありませんでした。
(正常値は5000〜19000)

白血球が減少する病気というと
まず、パルボ(汎白血球減少症)が思い浮かびます。
が、10年以上ブリードをしてきてパルボは出ていないこと、
もし、パルボだとして、ワクチンを接種する前に感染したのだとしたら、
1頭の発症ではすまないはずです。
院長先生も、パルボではなかろうとお考えになりました。
でも、そうすると病名の特定が難しくなります。

免疫系の異常だろうとステロイドの注射をし、
骨髄を刺激すべく2回の輸血を試みましたが、
白血球は3500程度までしか増えず、
いったん増えてもまた減少していき、
とうとう力つきてしまいました。

我が家の猫たち、白血球が正常値より多いことはよくあるのですが、
極端な減少、というのははじめてのことでした。

ワクチンの副作用の可能性は低いとは思いますが、
プリンスくんが重篤なワクチンの副作用で
血小板が減少してから間がなかったので、
もしかしたら・・・とも、少し思います。

他の獣医さんのお話では、
あるメーカーのあるロットでワクチンの副作用が
多発した、ということがあるそうです。
ワクチンの材料に牛(の血清とおっしゃってたかな?)を
使うのですが、ロットというのは、牛1頭分で、
その牛を材料にしたロットで副作用が多発した、
ということらしかったです。

プリンスくんとエリザベスのワクチンは
おそらくロットが一緒だっただろうな〜とは思っています。
プリンスくんもエリザベスも富姫の子供ですから、
もしかしたら、この子たちとその牛の相性が悪かったのかも……。
そうだとしたら、もう、どうしようもない運ですね。
ワクチンメーカーも、その牛で作ったワクチンで
副作用がおきやすいということは、予測不可能だと思いますし。
プリンスくんが無事に生還してくれて、本当によかったです。

エリザベスちゃん、耳が大きくてしっぽが長い美人さんで
とても素敵なノルになるだろうと思いました。
体重もきょうだいの中で一番重くて、
しっかりした体つきでした。
特に具合が悪くなったこともないので、
健康優良児だと思っていました。
愛子ちゃんがなくなった数日後に生まれたので
生まれ変わりだと思っていたのですが、
また、私のところからいなくなってしまって、
なんだか、ちょっとさびしいです。
また、うちに生まれ変わってきてくれるかしら?
posted by RIEN at 23:20| エリザベスちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

2014年05月17日

2014年05月12日

5月9日のエリザベスちゃん

P5097355.JPG

P5097402.JPG

P5097395.JPG

女の子らしい可愛らしい顔立ちです。
顔だけ見るとブラックタビーに見えますが、
耳の後ろがだいぶ白っぽくなり、
頭や体の毛の根元も白っぽくなってきたので、
ブラックシルバーでいいと思います。

気まぐれですが、気が向いた時は
抱っこするとゴロゴロ言ってくれます♪
posted by RIEN at 18:44| エリザベスちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

エリザベスちゃん誕生♪

P4085645.JPG

エリザベスちゃん誕生♪

P4155965.JPG

4月15日のエリザベスちゃん

P4226211.JPG

4月22日のエリザベスちゃん

P4286889.JPG

P4286882.JPG

4月28日のエリザベスちゃん
posted by RIEN at 20:16| エリザベスちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。